新薬とジェネリック

レビトラとは、一番最初に製造されたED治療薬のバイアグラの次に製造されたお薬です。
世界で50か国以上で販売されている有名なED治療薬となっています。
日本では2006年から製造販売が開始されています。
レビトラには5ミリグラム、10ミリグラム、20ミリグラムがあり、5ミリグラムは日本人の体質に合わせてつくられています。
初めて服用する方は、5か10ミリグラムでちょうどいいと思います。
効果があまり感じられなくなったときに20ミリグラムを使ってみてください。
効果は血の流れをよくして、ペニスに血がいき渡るようになっており、勃起力が向上してくれます。
最大の特徴は服用後30分ほどで効果がでる即効性です。
急な時にも使用できる便利なお薬です。
またこの薬にはジェネリック医薬品がありバリフという名前で販売されています。
ジェネリックとは新薬の特許が切れて、国の許可を得て製造販売されるもので、値段も安く新薬にくらべて値段も安くなっています。
バリフは同じ成分バルデナフィルが含まれており、価格も安く、インターネットなどでも個人使用の量なら購入することができます。
きちんと即効性もあり、持続時間も最大で10時間ほどありますので、きちんと一晩もってくれます。
即効性があり、持続力もあり、値段が安い方が良いという方にはおすすめです。
副作用として一時的に顔がほてったり、頭痛を伴う場合がありますが、時間がたつと治るので問題はありません。
EDは薬を服用すればきちんと回復し良くなります。
また生活習慣や精神的な部分も大きく関係しているので、食生活を変えたり適度な運動をいれて生活を見直したり、自分のペニスが勃起しないことに対して考えすぎたり、自信を無くさないようにしてみてください。
女性との交際がうまくいかなくなったり、セックスレスになることもあり、自分1人の問題ではないのできちんとEDとパートナーと向き合って、改善していきペニスに若さを取り戻して、満足いく性生活を送ってください。

Copyright © 2015 正解のレビトラを一発選択!自分に合うED治療薬を選ぶ方法 All Rights Reserved.